FC2ブログ
Diary
最近の日記

最近のコメント

月別アーカイブ

メンバー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三都物語 一日目 その壱
今回、一人旅を。大阪・京都・奈良。

12月2日(金)
6:00 起床。7:03の高速バスなのに、到着したのは7:00。
空港に30分前に到着。なのに、やたらに登場口が向こうの方にあって、
飛行機に乗れたのは8:10。8:15発なのにね。
関空につくこと9:20頃。これもやたらと到着のゲートが長くて。
9:33の特急に乗らなきゃいけないのに・・・。当然ダッシュ。滑り込みで特急乗車。30分でなんばに着くと思ってたのが誤算で。
何故って、10:30から今回の目的であるセミナーが始まるんだもん。
なんばに10:15に着いたけど、それから全く地理感のないところから、
ヤマハなんばセンターを探さなきゃならないのよ。正直、3時間焦りまくった。なんで今回こんなに行き当たりばったりの行動になったかって言うと、ろくに下調べもしてなかった。なんで調べてなかったんだろう?

さて、この日はなんばにあるヤマハで新進気鋭のピアニスト、秋田慎治さんによるセミナーがあった。
私が唯一尊敬するピアニストなんですね。
この日のセミナーは「ハーモニー」を中心にした内容で、2時間にわたっての講習だったけど、その2時間で秋田さんから得たものはとても大きかった。実際、ジャズの練習してても、どうやったら○○出来るのか、とか、どうすれば○○が身につくのか、とか、疑問はたくさん出てくる。私の場合、ピアノを習いに行ってる訳じゃないから、壁にぶつかった時に困ることなんかしょっちゅうあることで。
ルート音からメロディーのトップの音の間での音の重ね方で随分とカラーは変わってくる。その間、どの音を積み重ねるのがいいかはその人のセンスになってくるけど、自分が一番綺麗と思う積み方を見つけていくことが大事だってことを話してあった。
確かにアレンジする時やアドリブで弾く時って、コードはわかっていても、そのコードに明らかに合ってない音を指が押さえてる時ってある。
それは、自分が頭の中でイメージしてる音じゃない鍵盤を押さえてしまってるってこと。要するに、指が言うことをきいてないわけ。
その克服の仕方っていうのが自分の中での課題だったのもあり、秋田さんの説明はとてもわかりやすかったし、なるほど、そうして練習していくことによって、いろんな音の広がりが出てきたり、また、指がイメージしたとおりの鍵盤を押さえることにも繋がるのかなって解釈した。

ソロを弾く時の左手と右手の演奏の仕方とかも話してあった。
他にもいろんな話をしてあったけど、それは後々アップしていくことにします。一度に書くと、ひじょーーーーに長くなるので。

そんなこんなで楽しかったセミナー。次なるライブに向けて、ますますやる気が出てきたわけです。

セミナー終了後、奈良へ移動。のんびりと電車に揺られながらの移動。
奈良へ行くのは中学校の修学旅行以来。(午前中が上記に書いてるとおり慌しかったから、一気に疲れが出てきた。運動不足をいたく痛感)
その日の夜は奈良で秋田さんが出演するライブがある予定だったから。
ライブの詳細はまた後日。

関西でライブを観るのは初めてだったけど、東京や福岡でみるライブとは全く違う。とにかくMCがおもしろすぎ!始終笑いっぱなしだった。
MCって役割は、バカに出来ない。MC一つで観客の様子って変わるし、音以外のプレイヤーの魅力っていうのも垣間見れたりする。

楽しいライブのあとは、ホテルへ戻り、セミナーの復習を。
1時前には就寝。心地いい疲労感で、すんなりと眠ることが出来た。

本当は奈良の彩華ラーメン食べたかったし、奈良の大仏を観に行きたかったけど、いけなかった。残念。

次に奈良に行く機会があれば、この2点はおさえたいと思う。

眠くなってきたので、今日の日記はここまで。 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。